# #

お電話のご相談もお気軽に

0120-00-7777

受付時間 9:00~17:30

  • 資料請求
  • ご請求・お見積

スタッフブログBlog

T様邸ユニットバス設置完了しました|リフォーム 東京 新日本ハウス

新日本ハウス株式会社 我家再生事業部の沼田です。

梅雨入りはしたものの、雨が殆ど降っていないですね。

困る方も多いと思うのですが、外部の工事が遅れずに済むのは工程管理上とても助かっています。

さて、先日現調したT様邸のユニットバスの設置が無事に完了しました。

完成した状態を見る機会はあっても、工事中の現場の中にポツンと設置されたユニットバスは中々お目にかかれないと思いますのでご紹介します。

こんな状態で壁の中に自立しています。

この後、扉の前に床と壁を組みますので見えるのは扉のみとなります。

今の住宅はバリアフリーが基本ですのでユニットバスの扉と床の高さはこの段階で揃ってなくてはなりません。

ですので、前回ご紹介した現調時の床高さの確認が重要になってくるのです。

足元はこうなっています。

鉄で作られた頑丈な架台がユニットバス全体を支えていますね。

大量のお湯と人の体重を支えるので、床の強度も高いものが求められます。

架台の下端部についているボルトで、土間の不陸(凸凹のことです)を調整してユニットバスの水平を確保します。

最近のユニットバスは高機能なものが多いですが、施工する立場としては水平・垂直と電気や給排水の位置の確認という地味な作業が全てです。

私が工事中に壁の中で自立しているユニットバスを初めて見た時はとても不思議な光景に感じたのですが、いかがでしょうか?

建物の裏側にもさまざまなノウハウが隠れていますので、今後もこのような事例を紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします。