# #

0120-00-7777

お問い合わせ ⁄ ご相談

スタッフブログBlog

雨漏りのメカニズム|リフォーム 東京 新日本ハウス

こんにちは。

有楽町支店工事部 中山です。

時間の経過と共に、屋根も劣化していくわけですが、

劣化に伴って雨漏りを引き起こす事はなんとなく想像できるかと思います。

ではどのように雨が漏ってしまうのか、その雨の侵入経路にどういった原因があるのか、

今回はほんの一例ですが、そんなお話をしてみようと思います。

こちらの写真はとあるお宅の屋根を現場調査させて頂いた時の写真です。

※他社施工屋根

これはコロニアル屋根と呼ばれるタイプの屋根になります。

注目して頂きたいのは、屋根材料を抑えるための「棟板金(むねばんきん)」と呼ばれる金属の押さえ金物です。

この金物はどのように固定しているかというと、基本的には専用の釘とコーキング材で固定されています。

こちらの画像はその釘が長年の雨風、建物自体の揺れなどにより外れてきている途中の状況です。

釘の錆び具合から見ても長年この状態が続いているものと考えられます。

続いてこちらの写真。

こちらは釘自体がすでに無くなっている場所です。

これらの釘が無くなった場所には穴が空いている状態ですので、そこからは雨が浸入します。

侵入した雨は屋根材と防水シート層の間に入り込みます。

通常、防水シートはそう簡単に破けたり損傷したりはしないとは思いますが、

雨漏りしているお宅の屋根を剥がしてみると、思いのほか防水シートがボロボロになっている事がよくあります。

雨に触れ、乾燥し、それを繰り返す事で損傷していく事が考えらます。

ほんのわずかに防水シートが破けたとしても、場所によっては天井裏に染み込んできます。

天井の雨染みに気が付いた時は、放置せずにメンテナンスを検討する事が望ましいですね。

特に台風シーズンや、その前段階で気づいた時は注意が必要です。

(極端な話、釘が全部無くなったら板金材料が吹っ飛んでしまわないとも限りません)

もちろん雨漏れを引き起こす要因は様々なわけですが、家は車と同じで

メンテナンス次第でいかようにも長く使う事が可能です。

家の事で気になる点があれば、お電話にて気軽にご相談下さい。